AX

ゆりりんこ。の徒然日記 Ⅱ

日々の出来事、感じた事、頂いた物、備忘録等を私的に赤裸々に綴っています。そして素敵なコンサートやイベントのお知らせ等のご紹介。 日記の日時は滅茶苦茶ですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

京都府立鴨沂高等学校の講堂外にある手つかずのまま放置状態にあるスタインウェイ

京都府立鴨沂高等学校、その学校は以前「京都御所」界隈をぶらぶらと散策していた時に見付け、その築年数の古さに、そして文化財的な価値がある学校だなぁと大変興味をもち、気になってはいました。
この学校は、1872年に日本最古の旧制高等女学校として創立した女学校を前身とする伝統校だそうです。
卒業生には女優の山本富士子さん、俳優の田宮二郎さん、ワコール社長の塚本能交さん等、数々の著名人がいらっしゃいます。
その深き長き歴史をもつ京都府立鴨沂高等学校が、耐震性及び老朽化により2013年の夏以降に校舎全面解体とともに新校舎が建て替えが決定したそうです。
詳細はこちら

「命あるものを大切に。そして使えるものはこれからも引き続き大切に守り、育み、そして活用する。京都の景観を守り、文化を継承し、日本の歴史を守る。」といった理念をもって活動をされている京都府立鴨沂高等学校1872-2013α 『鴨沂高校の校舎を考える会』のサイトを読んでみました。

その中で、1927年製のハンブルグ・スタインウェイ C型の記述がありました。
http://coboon.jp/memory.of.ouki/?p=715
そのピアノは昭和11年に購入され、それ以降、戦時中から戦後の激動期にも京都府立鴨沂高等学校の講堂に置かれ、数々の音楽会で演奏された経緯をもちますが、現在はいつの頃からか講堂の外の西日が強く当たる劣悪な環境に放置され、充分な管理も成されないまま、危機的状況に強いられているそうです。
その京都府立鴨沂高等学校は前述しましたが、校舎全面解体及び建て替えが既に決定しており、そのピアノの行く末に至っては所有者が誰であるかが分からないことを理由に、再生される事も、また今後も京都府立鴨沂高等学校のものとして保存、活用されるとも決定されないまま時が過ぎているそうです。

先々月巡り会ったピアノも、実は1927年製のハンブルグ・スタインウェイです。
この子(ピアノのことです)は最初に大阪にやって来て...というお話をディーピック・エンタテイメント鈴木俊行社長から伺ったことがあります。
もしかして姉妹(わたしは勝手に、その2つのピアノ、女性だと思っています)なのかもしれないと思い、その京都府立鴨沂高等学校のスタインウェイが翻弄されている様子が、どうも身近な話に思えて、心が痛んでおります。


スポンサーサイト


  1. 2013/07/26(金)|
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

松本清張「熱い絹」読了 | ホーム | 金沢駅前のお寿司屋さん

コメント

コメントの投稿


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco2.blog40.fc2.com/tb.php/1286-91b89bb6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。