AX

ゆりりんこ。の徒然日記 Ⅱ

日々の出来事、感じた事、頂いた物、備忘録等を私的に赤裸々に綴っています。そして素敵なコンサートやイベントのお知らせ等のご紹介。 日記の日時は滅茶苦茶ですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Bさんのお誕生日会♪

♪ 001



Osoyoos Larose(2003)オソイヨーズ・ラローズ(2003))」
♪ 002


Chateau Mouton Rothschild(1993)シャトー・ムートン・ロートシルト(1993))」
♪ 003
ご存知でしょうか?
Chateau Mouton Rothschild(シャトー・ムートン・ロートシルト)」の1993年のラベルは曰く付きなのです。
実は1993年は2種類のラベルが存在するのです。
・・・と言うのは、20世紀のフランスのシュールレアリスムの大家、Balthus(バルテュス)(ポーランド貴族の出身で母親はユダヤ人)が描いていたこの少女裸像が、アメ リカで少女虐待だの児童ポルノだのと非難されることとなり、アメリカ用には特別に絵の無い白ラベルがリリースされています。
そういったことから、1993年のMouton(ムートン)は2種類のラベルが存在することとなってしまいました。
実はこの時にもいただきました。


Chateau Cheval Blanc 1er Grand Cru(1997)シャトー・シュバルブラン プルミエ・グランクリュ(1997))」
♪ 004


Chateau Cheval Blanc 1er Grand Cru(1992)シャトー・シュバルブラン プルミエ・グランクリュ(1992))」
♪ 005


Chateau Cheval Blanc 1er Grand Cru(1987)シャトー・シュバルブラン プルミエ・グランクリュ(1987))」
♪ 006


Chateau Cheval Blanc 1er Grand Cru(1974)シャトー・シュバルブラン プルミエ・グランクリュ(1974))」
♪ 007

ちなみに1980年のヴィンテージの「Chateau Cheval Blancシャトー・シュバルブラン」は何度かいただいたことがある(関連記事①)ので、これらのヴィンテージのシュヴァルブランは初めてでした。


♪ 009
ピアニスト青井彰先生、何故だかうなだれています。

♪ 010


♪ 011
これはなんとチーズなのでした。

♪ 013

♪ 016

♪ 012

♪ 014

♪ 015


♪ 017


♪ 018


Champagne Dufour  Blanc Gourmand Les Instantanes(2003)シャンパーニュ・デュフール ブラン・グルマン レ・ザンス・タンタンス(2003))」
♪ 019

♪ 020
ピノ・ブラン100%!!
戦後1940年代後半から50年代にかけて、オーブの一部の栽培家はピノ・ブランを植えました。
長らくブレンド用に用いられてきましたが、近年、樹齢50年以上となったピノ・ブラン100%のキュヴェに取り組む生産者が出てき、デュフールはそのトップランナーなのです。
1999年からピノ・ブラン100%のキュヴェを造りはじめたイヴ・デュフールは2008年、実質ビオロジーのリュット・レゾネを開始した2003年ミレジメを大々的にリリースすることになりました。
父の志を引き継いだ息子シャルル・デュフールは、2007年から全ての畑でビオとビオディナミを開始します。
フレデリック・コサールから購入した樽で発酵させたシャルドネ100%のキュヴェなど、意欲的な挑戦も始めています。


♪ 022


♪ 021


♪ 023


♪ 024

♪ 025

♪ 026

♪ 027

♪ 028


♪ 029


♪ 030

♪ 031
例のろっちるど(「Chateau Mouton Rothschild(シャトー・ムートン・ロートシルト)」)!!!


♪ 032

♪ 033

♪ 034


♪ 035


♪ 036

♪ 037


♪ 038

♪ 039


♪ 040

♪ 041


♪ 042
りょこちんことピアニスト森口綾子ちゃんです。
この後彼女と連弾もしたような・・・。


♪ 043

♪ 044


♪ 045
ウナミゴ先生ことギターの増井一友先生です。


♪ 046
フルートの野津臣貴博先生も加わり・・・。

♪ 047

♪ 048

♪ 049

♪ 050


♪ 051


♪ 052


♪ 053
クラリネットの中村真美さんや河野泰幸さんも加わり・・・。

♪ 054
今度はヴァイオリンの岩渕晴子ちゃん。

わたしもこの後野津先生と真美さんとのトリオで初見大会をしたり、そうそう、岩渕さんと河野さんのトリオでわたしが適当にアレンジした「Happy Birthday to You」を演奏したのでした(30分弱の大曲)。


♪ 055


随分以前の話になるけれども、とても楽しい夕べでした。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/03(金)|
  2. ワイン+オ酒呑ミノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪焼酎でっせ | ホーム | バーコバ

コメント

コメントの投稿


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco2.blog40.fc2.com/tb.php/589-d131f947

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。