FC2ブログ
AX

ゆりりんこ。の徒然日記 Ⅱ

日々の出来事、感じた事、頂いた物、備忘録等を私的に赤裸々に綴っています。そして素敵なコンサートやイベントのお知らせ等のご紹介。 日記の日時は滅茶苦茶ですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

今年もお墓参りに・・・

コチラでちらっと書きましたが、地元で墓市が開催される8月11日の午前中、母と叔母と3人でお墓参りに。
叔母が運転する車で行って参りました(途中、お花を買う為農協に寄りましたが)。
先ずは「大阪生駒霊園」です。

DSCF5093.jpg DSCF5098.jpg
昔から「何で"生駒"なのに"大阪"って付いてるんだろ~?!」って疑問に思っていましたが、この「大阪生駒霊園」は"奈良県生駒市"ではなくて"大阪府四條畷市"なのですね・・・。


DSCF5094.jpg
この日は本当に変な空模様でした。
何せこちら(東側)は曇り空。

DSCF5095.jpg
しかしこちら(西側)は晴れ模様!

DSCF5096.jpg
北側の空は見事にミックスされていましたw。

DSCF5099.jpg
ちなみに南側はこんな感じでした。


祖父母に長々とご報告、お礼を言い、それから園内のお出迎え地蔵様と六地蔵様に参拝。

さてさて、それから地元へ戻ります。
今度は地元にある「岩田墓地」。
墓市の会場となる墓地です。
こちらの墓地には、祖父の母親(つまりわたしから言うと曾祖母になります)の家系、O家(あっ、祖父、つまり母や叔母の実家ですね、そちらも"O"ですが、イニシャルだけ一緒なだけ)のお墓、それから祖父のお兄さんのお墓があります。
祖父のお兄さんは戦死されたそうです・・・。
ちなみに祖父は男兄弟では末っ子だったらしい・・・。
こちらにもお地蔵様がいらっしゃるので、参拝。
そうそう、そう言えば熱烈なタイガーズファンらしきど派手なお墓もあったなぁ~・・・。



スポンサーサイト





  1. 2010/08/20(金)|
  2. 街デ見カケタモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

こちらは昨年の8月下旬 主税寿司 | ホーム | 赤穂美紀 情熱のラテンコンサート Vol.11

コメント

まあ、四条畷とするよりは、生駒の方が印象がいいだろうし、それに四条畷は163号線のイメージが強いから、四条畷霊園とすると、四条畷にある大規模な飯盛霊園と間違われてしまうと思ったのでしょうね。

まあ、四条畷駅や四条畷警察は四条畷市ではなくて大東市にあったり、オート○ックス東大阪店も東大阪ではなくて大東市だったりするから良いのでしょう。

霊園には”宗教法人楠公寺別院”とありますが、楠公寺は小楠公(楠木正行:まさつら)が四条畷で戦死したことに因む名前のお寺で、楠木一族の菩提寺らしいですがその名前からとって名づけたのでしょう。

なお、四条畷の戦いでこの正行(まさつら)を破ったのが仮名手本忠臣蔵で有名な高師直(こうのもろなお)です。実在の高師直は大星由良助率いる四十七士の討ち入りで殺されたわけでは有りません。


  1. 2010/08/20(金) |
  2. URL |
  3. ししりえんぬ  #C82T9BxA |
  4. 編集

ししりえんぬ博士へ

> まあ、四条畷とするよりは、生駒の方が印象がいいだろうし、それに四条畷は163号線のイメージが強いから、四条畷霊園とすると、四条畷にある大規模な飯盛霊園と間違われてしまうと思ったのでしょうね。

なるほどなるほど、そうか~。


> まあ、四条畷駅や四条畷警察は四条畷市ではなくて大東市にあったり、オート○ックス東大阪店も東大阪ではなくて大東市だったりするから良いのでしょう。

あははは~、そういうのもありますね♪
えっ、でも四條畷駅が大東市にあるのは知らなんだ!


> 霊園には”宗教法人楠公寺別院”とありますが、楠公寺は小楠公(楠木正行:まさつら)が四条畷で戦死したことに因む名前のお寺で、楠木一族の菩提寺らしいですがその名前からとって名づけたのでしょう。

なるほどー。


> なお、四条畷の戦いでこの正行(まさつら)を破ったのが仮名手本忠臣蔵で有名な高師直(こうのもろなお)です。実在の高師直は大星由良助率いる四十七士の討ち入りで殺されたわけでは有りません。

なるほどー。
何か沢山勉強になりました♪
ありがとうございました~♪
  1. 2010/08/20(金) |
  2. URL |
  3. ゆりりんこ。 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco2.blog40.fc2.com/tb.php/688-bc54a80e

| ホーム |