AX

ゆりりんこ。の徒然日記 Ⅱ

日々の出来事、感じた事、頂いた物、備忘録等を私的に赤裸々に綴っています。そして素敵なコンサートやイベントのお知らせ等のご紹介。 日記の日時は滅茶苦茶ですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界NO.1アップライトの称号を持つ「グロトリアンピアノ」

☆

スタインウェイの工場から生まれたピアノ、グロトリアンはドイツのゼーセンのスタインウェイの歴史に遡るらしいです。

1835年、ヘンリー・スタインヴィッヒはドイツの工場で
その弟子のグロトリアンと共に「スタインヴィッヒ・ナッハ・ホルゲル」という2台のピアノを完成させました。
天才中の天才2名によるそのピアノの評判は、瞬く間にヨーロッパ全土に広がっていき、会社も急速に発展、
1850年、スタインヴィッヒ一家は長男のテオドールを残し、新天地ニューヨークへと移住、
1853年にその名を英語名のスタインウェイに改めて、工場を創業することとなります。

                ヘンリー亡き後ドイツの工場はグロトリアンに売却され、「グロトリアン・スタインヴィヒ・ナッハ・ホルゲル」となり、
テオドールもニューヨークに移住し、スタインウェイとの共同作業は終止しました。
後にグロトリアンは、工場を現在のブランシュバイヒ(ブランシュバイク)へと現在の6代目グロトリアンに至ります。

1980年以前までは初代グロトリアンスタインウェイの素晴らしい設計を継承し、
伝統を大切にその製品を製作されていたが、スタインウェイ社がCBSへと売却された際、その特許・名称への係争裁判が起こり、
ブランド名をヨーロッパ以外では「グロトリアン」とし、
ヨーロッパ国内は「グロトリアン・スタインヴィヒ」のブランド名で販売地区が分けられました。

グロトリアンピアノはシューマン婦人クララ・シューマンが生涯コンサートで使用し愛用していました。
ワルター・ギーゼキングもコンサートや録音にも使用、
最近ではイーヴォ・ボゴレチッチが愛用し、日本では宮沢明子さんもコンサートピアノを購入し記念として録音しています。
 
グロトリアン・スタインヴィヒのブランドは日本に入荷しておらず、中古品のみが入荷されているらしいです。
となると、このピアノはとても希少価値のあるものですね。
スポンサーサイト


  1. 2011/03/29(火)|
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

今春の夙川の桜 | ホーム | 「室生天然酵母パン」のレーズン食パン

コメント

過去記事にコメントすみません・・

もう10年ぐらい前ですが、グロトリアン、弾いた事があります!
びっくりする音色です!アホの私でもわかるほど~~笑

中古のアップライトですが、確か600万円でした。ひえ~~
  1. 2011/07/05(火) |
  2. URL |
  3. みかんぴあの #- |
  4. 編集

お返事遅くなりすみません・・・

御久し振りです!
ご来訪&書き込みありがとうございます。

ひぇ~、600万ですか!中古で・・・。

このピアノちゃんもとっても美しい音色しましたよ♪
  1. 2011/07/11(月) |
  2. URL |
  3. ゆりりんこ。 #- |
  4. 編集

あるよ。うちに。グロトリアンのアップライト。
  1. 2011/08/29(月) |
  2. URL |
  3. higemaster #- |
  4. 編集

グロトリアンのこと

ずっとグロトリアンのアップライトを探していたのですが、見つけることが出来ず結局ベヒを購入しました。
最近コンチェティーノ(?)を弾かれている動画を見て、やはりいいピアノだと思いました。
  1. 2013/07/10(水) |
  2. URL |
  3. hiro #- |
  4. 編集

hiroさまへ

はじめまして。
書き込みありがとうございます。
グロトリアンのアップライトは今は出回っていないようですね。
でもべヒシュタインをご購入されたのですね!
羨ましいです~。
  1. 2013/07/22(月) |
  2. URL |
  3. ゆりりんこ。 #- |
  4. 編集

昔の思い出

グロトリアンは18年ほど前、大阪のピアノ屋さんではじめて弾かせていただき、たしか112センチの小さなものでしたが、すばらしい音が出てびっくりしました。値段もびっくりするほど高価でしたので手が出ませんでしたが無理をしてでも購入すればと今でも思っています。
  1. 2013/07/23(火) |
  2. URL |
  3. hiro #- |
  4. 編集

hiroさんへ

なるほど、そうだったのですね。
わたしのそれは、師匠(人生の...)の家にありました。
師匠は、ピアノの師匠から譲り受けたとおっしゃっていました。

きっとhiroさんのピアノの音色も繊細で美しいんだろうな...
  1. 2013/07/25(木) |
  2. URL |
  3. ゆりりんこ。 #- |
  4. 編集

ピアノの先生から何度も鍵盤を叩かず触れる前に出す音をイメージして弾きなさい、とよく注意されますので私の音色のことなど恥ずかしくて言えません。
  1. 2013/07/26(金) |
  2. URL |
  3. hiro #- |
  4. 編集

コメントの投稿


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco2.blog40.fc2.com/tb.php/959-3ad47a70

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。